草原でのびのび  心理カウンセラー心野花ブログ   

あなたの心の中の家族への愛、人への愛 一緒に気付いて生きませんか?

メソメソビクビクなあなたこそカウンセラーむき。根本裕幸氏が6期お弟子を募集してます!

怖くて動けなくなってしまっている あなたの心。

そんなあなたの心を楽にしてあげたい。

1秒も早く1gでも軽く!

この気持ちでカウンセラー活動をしています。

根本裕幸氏お弟子4期(2021・08)卒業、傾聴系愛深型WMC心野 花です。

 
 
 
 
 
師匠がお弟子(6期)を募集開始するとのこと。
 
この募集記事を読んで、もう一回お弟子制度に申し込みたい!
そんな気持ちになっている私です(笑)
 
根本氏のお弟子カリキュラムに申し込むか?どうするか?
そう悩んでいらっしゃる過去の私のような方。
その方に向けて今日のブログを書きたいと思います。
 
題して!
メソメソビクビクな私でもカウンセラーになれる!
いや、むしろそれこそが才能だから!です。
 
 
私がお弟子に申し込んだ理由。
そしてその後について書きたいと思います。
 
 
お弟子制度に申し込んだ理由。
それはプロフィールにも書きました。
そちらも読んでいただけたら嬉しいです。
ここでも書きますね。
 
 
 
まず、私は敏感女です。
いわゆるHSPでACです。
 
そんな私の娘が9歳の時にさかのぼります。(1年半前ね)
コロナ休暇あけ、急に学校へ行けなくなりました。
さらには、こう言い始めたのです。
「生きている意味がわからない」と。
 
そしてある日こういったのです。
娘はいのちの電話にかけたい」と。
 
その時の私の衝撃ったら!
相当でした。
なにせHSPですからね。
娘のすべての感情を受け入れて、娘同様にズタズタボロボロ。
メソメソのビクビク状態でした。
 
娘がいのちの電話をする脇で、複雑な気持ちで見守る私。
しかし、そこから2時間。
なんと、いのちの電話につながることはありませんでした。
 
娘も私さらなる衝撃を受けました。
 
「だれも私たちを助けてくれる人はいない」
 
 
そんな風に感じました。
 
 
実はね、娘がいのちの電話をかけていた日は「あの日」だったのです。
 
 
私は泣きじゃくる娘の脇で、とっさにノートパソコンを開きました。
震える手で電源ボタンを押しました。
手が震えて、なかなかうまくタイピングができない。
根本氏のオフィシャルブログが開けない。
どきどき。
心臓がバクバクバクバクドンドンドンドン鳴っていました。
ベッドにつっぷして動けない娘を気遣いながら、申し込みページに到達。
申し込みボタンを押したのです。
 
 
 
 
何週間も前から、申し込むか否か?
さんざん悩んでいた私。
それでも値段も値段だし
あきらめていた私でした。
なのに、とっさのポチには今でも私は驚いています。
 
娘を助けたい、その一心だったのだと思います。
 
 
 
その後1年半が経ちました。
娘がどうなったのか?気になりますよね。
娘は今も学校行ったり行けなかったり。
保健室へ行ったり、相談室に行ったりです。
 
 
 
あまり解決してないじゃん。
そう思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、私の中では大きく変わっています。
 
お弟子制度で心理学を学ぶ中で私自身が変わったからです。
 
最初にも書いた通りHSPでさらにACだった私。
いじめられた経験などもあります。
なので、過去に
「あなたの周りに敵は何パーセント?」という質問に、
80%と答えていました。
 
周りはほぼ、私を責める人。攻める人。
そう思っていたんですね。
なので、お弟子制度でも当初、画面越しの同期が敵のように感じて怖かった。
(みんなごめんなさい。)
 
いのちの電話がつながらない事実。
それさえも私たちを責めているように感じてました。
 
 
けれど、お弟子制度を終える頃は変化がありました。
すべての同期が私たちを応援してくれる存在だ!
そう思えるようになりました。
 
 
それがどれだけ、私を変えてくれたことか!!
敵が減るということは、常に武装しなくてもよいということ。
身軽になれるんです。
相手を疑わなくていいんです。
自分を責めなくてもいいんです。
自分を信じられるのです。
娘のことも信じられるのです。
そのままの自分を「よし」と感じられるようになるのです。
 
 
 
なかなか文字では表現しにくいのが、もどかしい。
くぅぅうぅーー。
 
 
それでも、私はお伝えしたい。
同じ志を持つ仲間が増えるという幸福感。
根本裕之さんのお弟子制度では、それを最高に感じられる。
 
 

 
 
お金が高いことがネックな方もいると思います。
私もこの金額を自分に使ったのは人生46年間ではじめてでした。
もちろん躊躇しました。
(だからこそ、ず~~っと申し込みを悩んでました)
 
 
今はこう思います。
 
こんなに愛ある仲間たちとの幸福感をどんなにお金があっても買えないよな。
と。
 
今このブログを読んでくれている方。
きっとあなたは沢山悩んでいると思います。
かつての私のように。
 
私はあなたに伝えたい。
 
誰かのために何かをしてあげたい。
そんな気持ちが大きくて涙が出てしまうほど。
もしそうならば、ぜひこのチャンスを逃さないでほしい。
 
 
 
 
 
お弟子制度の途中や、終了後下記のような感情が起きたら?
「ちくしょー!お金かけたのに!噓つきー!」
私のところに相談に来てください。
 
それぐらい自信をもって言えます。
私はこの制度を経験できてよかったと思っています。
(本当にクレームが来ちゃったら、泣くけども 苦笑)
 
 
 
 
動けないけど、動きたい。
そんなときがあります。
それが今か、もっと後なのか?
それは、あなたにしかわかりません。
 
 
もし「今だ」と少しでも思ったら。
ぜひ、踏み出してほしい。
初めの一歩はだれでも怖いもの。
怖さと戦うのが怖いなら、私も相談にのりますよ。

7月分のカウンセリング受付中です⇒こちら

 

 
メソメソビクビクしちゃうあなたは感受性が豊かな証拠。
それは相手のことを深く思いやる気持ち。
それはカウンセラーにとって大切なこと。
私はそう思います。
 
 
それでは、また。
心野花でした。

 

<おまけ>

お弟子4期の修行時代のブログです。
当日の様子なども書いていました。
気になる方は参考までに♪
(結構 恥ずかしい デヘヘ)

 

 

 

カウンセラー心野花
⇒Twitterはこちらから(普段の花節)

⇒Facebookはこちらから(カウンセラー花節)

⇒Instagramはこちらから(本が好きな花節)

⇒お友達lineはこちら↓

 (酔っ払い花節?!)

お得な配信もlineではさせて頂きます♪